コンタクトレンズとその安全性について ○1

現代の女子高校生のおしゃれアイテムが、つけまつげとカラーコンタクトレンズと言うから驚きである。一般的に視力矯正の高度医療機器であるコンタクトレンズは、本来透明であったが、最近はカラーコンタクトの方が主流といっても良い。 いずれにせよ、どのコンタクトレンズでも 使い方を誤ると眼病を引き起こす。コンタクトレンズには ソフトレンズとハードレンズがある。それぞれメリット デメリットがあるか、まずソフトレンズは汚れに弱いのに対し、ハードレンズが汚れに強い。ソフトレンズは目になじみやすく、ハードレンズは慣れるまで違和感が強い。それぞれ一長一短であるが、スポーツをする人にはソフトコンタクトレンズの方がずれないのでおすすめである。前述のカラーコンタクトレンズはソフトレンズのみである。